四賀 球場。 松本市四賀球場 松本市ホームページ

四賀クラインガルテン

中途の取消は原則として認めません。 そして、6年間にわたる議論を経る中で、 「議会でこの規模とすることを答弁したから」、「議会で承認・議決されてきたから」といった手続き論に縛られ、地盤の瑕疵発覚後も、誰も立ち止まることができずにここまで来てしまったということはあってはならないことですが、そのような印象を持たれてかねない案件となってしまっています。

もっと

なぜ17億8000万円かけて、四賀の地盤支持力が弱い土地に、2100人規模の野球場を作るのか?市長に説明求めるも答弁なし│平成生まれの最年少松本市議会議員 青木たかし公式サイト

この運動広場はハザードマップにおける危険区域と隣接しており、駐車場に一部かかっているようです。 これを推進するため、先月策定された公共施設再配置計画では、施設のタイプ別に削減目標が建てられています。 しかし、平成26年度に挙げられた実施計画第44号には、「経年劣化による老朽化や機能面で不備が見られることから、 野球場としての機能を加え、施設の高機能化を図り、利用者の需要に応えるよう計画的に整備するもの」となって、事業の概要が大きく変わり、事業費は 15億1,116万円と倍増しています。 中規模大会とは、高校野球の地区予選大会などですが、現在は浅間の市営球場と、大町市の球場を使ってこの規模の大会は開催されており、塩尻市にも開催可能な球場があります。 四賀運動広場は、車で片道30分ほどの距離にある市野球場(浅間温泉1)を補完する施設として各種野球大会での利用が想定されており、スタンドの収容人数は限られるが全国規模の大会も行えるという。 6年間の議会での議論を通して、「本会議でこの規模とすることを答弁したから」、「議会で承認・議決されてきたから」といった手続き論に縛られ、地盤の瑕疵発覚後も、誰も立ち止まることができずにここまで来てしまったということはあってはならないことです。

もっと

なぜ17億8000万円かけて、四賀の地盤支持力が弱い土地に、2100人規模の野球場を作るのか?市長に説明求めるも答弁なし│平成生まれの最年少松本市議会議員 青木たかし公式サイト

平成25年、実施計画第43号の中で、四賀運動広場は「 老朽化した施設を改修するもの、また機能面で不足している設備の充実を図るもの」として登載され、その事業費は7億1,777万円となっていました。 ・冬季期間を除きクラインガルテンを1ヶ月に3泊、ないし6日以上利用し、区画内の草取りなど、必要な手入れを行って下さい。

もっと

四賀運動広場の工事進む 来年4月に利用開始へ

3 鍵の返却 原則、鍵を借用した窓口に返却してください。

もっと

四賀球場

仮に県営球場誘致に成功した場合、県営球場と市営球場でこれらの内容はクリアできるのですが、四賀運動広場の整備目的である「市営球場を補完する機能」はどうなってしまうのでしょうか。 。 野球場スコアボード(外形W15,000mm未満) 2020年 長野県松本市 施設の改修事業に伴い、スコアボード、サブスコアボード等を新設。 この増える2500㎡の敷地面積について、公共施設再配置計画における個別施策計画の中でどうやってその調整を図るつもりなのか、伺います。 この四賀運動広場についても、中規模大会誘致の規模と示されたのは6年前であり、そのときとは社会情勢は大きく変わってきています。 このような財源不足に陥らないようにするには、公共施設の延べ床面積を、2025年度までに10%、2045年度までに20%削減しなければいけません。

もっと