静岡 県 知事 リニア。 静岡県知事の「リニア妨害」 県内からも不満噴出の衝撃【前編】 (1/5)

親中の川勝平太・静岡県知事がリニア建設を大妨害!!「習近平主席の言葉は、現代の人類社会へのメッセージ」などと主張する川勝知事が、今度は発言撤回したはずのリニア新幹線ルート変更を要望!!

訳の分からない図書館を建てたりトンチンカンなことをやったりしています。 いずれにせよ、来年の選挙はリニア事業を左右する注目の選挙になるのではないでしょうか。 子々孫々に影響を与える重要な問題提起をしている」と述べた。 また、JR東海は掘削によってトンネル周辺の地下水位は最大で300メートル以上低下すると予測する。 私は、川勝さんは、政治家としては「0点」だと思います。 増水した大井川の堤防に立っていると、中高年の男性が話しかけてきた。 まず静岡県には停車駅ができません。

もっと

川勝平太静岡県知事のリニア対応がおかしい?反対理由は自民が嫌いだから?

川勝平太がリニアに反対してる理由とは? 川勝平太知事は 「南アルプスのトンネル工事は水資源や自然環境への深刻な影響を与えるおそれがある」 という理由で反対しているようです。

もっと

【静岡】「恥を知れと言いたい」リニア中央新幹線をめぐり静岡県知事激怒 [靄々★]│エンがちょブログ

大井川と地下水は静岡県の人口の六分の一以上が全面的に依存する"命の水"です。 日本海側だから冬の気候は厳しいし、敦賀の原発エリアに比較的近くて(最短距離は約35キロ)、あまりいい印象はありません。 第二に、今や南アルプスは「人類の共有財産」です。 この意見を基に、県は「ボーリングを行い、データを得るなど、さらに十分な調査・検討が必要である」と注文をつけている。

もっと

リニア問題点をわかりやすくまとめてみた!静岡県民の反応は川勝知事を支持します!

知事就任前の川勝氏は、国土審議会の委員として「リニア推進派」だった。 19年3月の定例記者会見で次のように述べている。

もっと

静岡県/リニア中央新幹線建設工事に伴う環境への影響に関する対応

関連動画 県の公式YouTubeアカウントにて、リニア中央新幹線静岡工区に係る動画を公開しています。 ところが、一連の静岡県の対応を見ていると、どんどんゴールポストが遠くなるように動かし続けています。 同データベースに何度も当たったが、どういうわけか「井川-大唐松山断層」はヒットしなかった。

もっと

リニア「ルート変更」静岡知事が明かす発言の裏

静岡県知事が11キロの工事を反対しているがために一大国家プロジェクトが頓挫してしまっていて、大きな損失を受ける可能性があるということで川勝平太知事の対応がおかしいという意見がネット上にもおおくあがっているようです。

もっと