マイケル ジャクソン デンジャラス。 デンジャラス (アルバム)

マイケル・ジャクソン MICHAEL JACKSON デンジャラス (国内盤 帯 解説付 紙ジャケアンコールプレス) DANGEROUS :29U0881463114:ディスクユニオン中野店

最初の一曲目のJAMが、それを全て語ってる。 それまでの習い事は最初のうちこそ夢中になるのにすぐ飽きてしまったんですが、ダンスだけは違っていました。 歌メロがいいとかそういう次元をはるかに通り越して、 マイケルの心根の清らかさと優しさがそのまま表れた、 作為的なものをまったく感じない、まさに名曲中の名曲。 ここは感動の再会、というところかな。 Tr2: Why You Wanna Trip On Me いきなりヘヴィメタル風のギターに驚く。 この曲は、男女等人数のダンサーが必要である。

もっと

自然と音楽を愛する者:DANGEROUS マイケル・ジャクソン

<追記> 10年後ぐらい前に、マイケル論を以下にまとめた。 と同時に底知れぬタフさが垣間見える。

もっと

マイケル・ジャクソン MICHAEL JACKSON デンジャラス (国内盤 帯 解説付 紙ジャケアンコールプレス) DANGEROUS :29U0881463114:ディスクユニオン中野店

もちろん、いつも自信満々ってわけではなくて、それを失うこともあります。 おなじみのムーンウォークはどのライブよりも長くキレが良いです! 海賊版のDVDではHIStory Tour 1997年のミュンヘンがいいでしょうか! 高画質でさらに曲目が豪華です。 でも、向こうに行ったら全然ダメだと気づかされた(笑)。

もっと

自然と音楽を愛する者:DANGEROUS マイケル・ジャクソン

もうひとつ、そういえば10年かそこら前に、 このアルバムは若いヒップホップ世代の人にも人気がある、 という話を聞いたことも思い出しました。 テディはのちのインタビューでは今までに自分が手がけた曲の中では最高傑作と言っている。 Beat It• やはり、生身のマイケルがやるところに、インパクトがある。

もっと

なぜマイケルはライヴ・イン・ブカレストを公式コンサートとしたのか

Tr10: Give In To Me ギター客演は当時 ガンズ・アンド・ローゼズの スラッシュ。

もっと