ネバダ スミス。 ネバダ・スミス の レビュー・評価・クチコミ・感想 鱗歌さんレビュー

”ネバダ・スミス”(66年)

駅馬車襲撃の際、トム一人を手下達から切り離して川縁へと追い詰めた。 」「古い友人でね。 山間でマックスは、三人組を見つけ彼らの馬を逃がすが、人違いと分かり親切にされる。 彼の馬を見ると"SS"の烙印。 刑務所へ向かう最短距離は銀行強盗です。 シンシア・ランドール - フランチェスカ・ベリーニ : ノーマンの愛人• マックスは狂言強盗を起こして捕まり、ルイジアナ刑務所に入った。 。

もっと

人の感情と理性が見える面白い「ネバダスミス」 [映画] All About

マックスは過去から脱け出すため、銃をすて、かつて彼に、目がさめたらまともな仕事を世話すると約束してくれた、ジョナスを探しに旅立った。

もっと

ネバダ・スミスとは

さすがに撮影時36歳のマックイーンが16歳の設定の主人公を演じるのは無理があります 彼も懸命に少年らしく演じようと努力していはいるのですが、無理なものは無理です しかし、お話が進むに従って主人公が成長し凄みのある復讐者になってからは16歳という設定はどこへやら、もう本来のマックイーンの映画になりす 単なる復讐譚にとどまらない深みがあります インディアンとの混血であるという設定、恩人コードや牧師との出会い この二人のそれぞれの教えがクライマックスに活かされます またインディアンの娼婦やタピオカなどの女との出会いと別れも花を添えるだけでない切なさがあります ルイジアナの沼地の囚人キャンプもサザンコンフォートの源流を彷彿とさせます とまあこのように盛りだくさんです 両親を惨殺した三人組への復讐の物語ですから、構成は、発端と一人づつの復讐で都合4部構成となります 最後のトム・フィッチが名優カール・マルデンです もう流石としか言い様のない素晴らしい演技を見せてくれます カメラも西部やルイジアナの美しい光景を感嘆する程の色彩と深みのある映像で撮っています 16歳という設定に無理やり主演してしまうところさえ目をつむれば名作です. その後アビリーンへ戻り、ジェシーの妻アンジーから、彼の仲間ビルがルイジアナの刑務所に服役していることを聞き出した。 しかも悪人の相が出ているためか、おなじ悪相をもった者たちがよく近づいてきます。 この作品記事はが望まれています。 稲作地で働くの女性、ピラー と親しくなったマックスは、彼女に協力を求めて脱獄を企てる。 そこで、ビルをそそのかして3人で脱獄に成功。 その後も様々な出会いから、次第に復讐への葛藤を感じながらも、殺し屋のジェシー、ビル、トムを一人ずつ見つけて追い詰めていく西部劇である。 」とトムの泣き叫ぶ声を背に、静かに去っていくのだった。

もっと

”ネバダ・スミス”(66年)

マックスは狂言強盗を起こして捕まり、ルイジアナ刑務所に入った。 「どんな汚い手を使ってくるか分からない、おまえもドブネズミになれ」。 囚人キャンプに出入りする女ピラー(スザンヌ・プレシェット)に近づきます。

もっと

映画 ネバダ・スミス Nevada Smith (1966)

マックスはジェシーを追い詰めます。 ジョナス・コード・ジュニア役でジョージ・ペパードが主演し、アラン・ラッドが西部のガンスリンガーで、後に俳優になったネバダ・スミスとして出演した。 苦し紛れに、止めを刺せと叫ぶフィッチを見て、復讐と拳銃家業に嫌気がさたマックスは銃を捨てる。 そしてある日、マックスは遂に念願の3人目の殺し屋トムに会いトムの両足を撃ち抜いた。 そうするうちに、マックスは、ルイジアナの刑務所に2人目の殺し屋ビルが服役していることを知り、彼は、わざと強盗をたくらみ保安官に捕まって刑務所に入った。 ジェディダイアー - アーチー・モア• 「サンドという人を探しているんだが。 この闘いでマックスは総身に傷を負ったが、彼を慕うインディアン娘ニーサの手厚い介抱で、身体も次第に回復していった。

もっと

”ネバダ・スミス”(66年)

その後、妻エルヴァイラ を伴い再び現れたマッキャンレスに別れを告げ、絶望と怒りに燃えたマックスは、復讐の旅に出る。 水も食料も持たず、1挺のライフルだけを携え、馬に乗って、3人組を追いかけた。 そしてある日、マックスは遂に念願の3人目の殺し屋トムに会いトムの両足を撃ち抜いた。 家にいた両親は、切り刻まれて殺されていた。 主演は、共演陣に、ブライアン・キース、・プレシェットなど、監督は西部劇の大御所、だ。 ドクター - ヴォーン・テイラー• マックスは、自らの意思で敵討ちを放棄します。

もっと