ルークス。 日産ルークス ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 軽くない思いをのせて

【試乗レポート 日産 ルークス】ライバルを徹底的に研究した仕上がりには日産の気合を感じる|中古車なら【グーネット】

ライバル車としては、ホンダ「N-BOX」とダイハツ工業「タント」が用意され、両車とも高い人気を得ています。 高速直進性は、アクアラインのような横風を受けるシーンで横風に流されることはあったが、それはライバル車でも同様だ。 「日産ルークス ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(2WD)」のスライドドアを開けたとたん、思わず「オオッ」と声が出た。 乗り心地や操縦安定性は、ルークスがやや上回る。 NAとターボの外見上の違いはほとんどなく、インテリアでも見分けられない。

もっと

日産の軽自動車「ルークス」最大の特徴&推奨グレードは?ホンダN

ライバルよりも着座位置が高く、そのぶん視線の位置が高いのだ。 これが使ってみると、本当によくできているのだ。 ~内容を少し修正して2回目の投稿です~ *** N-BOXと徹底比較してルークスに決めました。 ・SOSコールは標準装備ではなく純正ナビとセットOPにして本体価格を下げる。

もっと

日産ルークス vs ホンダN

先代のデイズルークスでも同様のラインナップで、この点は変更されていません。 2014年2月に後継車種としてが発表され、デイズのシリーズ車種に移行されていたが、2020年2月に通算2度目となるフルモデルチェンジで初代モデルの車名だったルークスへ約6年ぶりに回帰となった。 CVTの制御変更を行い、燃費を向上しK6Aエンジン車 2WD でJC08モードで20. このように姉妹車でありながら、日産版と三菱版では相違点が多いのが特徴だ。

もっと

日産ルークスが突き抜けられない理由 期待に反して伸び悩み!?

660 E 4WD• また、デイズルークスで採用された安全機能が拡充され、前方を走行する2台前の車両を検知し、急な減速などにより自車の回避操作が必要と判断された場合に警報によってドライバーに注意を促す「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」、車両進入禁止・・一時停止の3つのを検知する「標識検知機能」、「インテリジェントDA(ふらつき警報)」、「先行車発進お知らせ」などが追加され、一部グレードにはハイビームアシストの進化機能となる「アダプティブヘッドライトシステム」も搭載。 NAエンジンの最高出力は、デイズルークス、スペーシア、タントが52ps、N-BOXが58psです。 タイヤと地面の当たりが柔らかで、スーパーハイトワゴンで気になる大きなロール感もうまく抑えられている まずは一般道。

もっと

LUKE'S

またルークス以上に、ノートとセレナの人気が根強いです」(日産販売店談) N-BOXが好調に売れるホンダの場合、N-WGNの追加もあって、国内で売られるホンダ車の50%以上が軽自動車だ。 3列シートのミニバンを買うまでもないし経済面でも節約したいけれど、限られたスペースはできるだけ活用したい。 姉妹車の三菱 eKスペース&eKクロススペースとも比べたい。 ただし両車ともナビゲーションやETC、ドライブレコーダーなどをつけていくと200万円を楽に超えてしまい、ヤリスやフィットといったコンパクトカーも視野に入る価格となります。 約28万円のナビレコパック(9インチモニターナビ、ドライブレコーダー、ETC2. 2020年3月19日に発売された新型車なのに、売れ行きが低迷している。 そう考えるとやはり、動力性能にゆとりが生まれるターボエンジンを選びたい。

もっと

日産 新型ルークス 徹底解説 Vol.3|グレード選び編

ルークスは軽自動車でもっとも人気のあるスーパーハイトワゴンに属する クルマの紹介に入る前に、軽自動車の現状から説明しておこう。 現在のところ新型ルークスの受注は最上級仕様の「プロパイロットエディション」が多いようだが、だとすれば絶対に「ハイウェイスターGターボ」を選ぶべきだ。 プロパイロットや、アダプティブLEDヘッドランプ、煽り運転時の通報も可能なSOSコール、アラウンド・ビュー・モニターなど、先進安全装備も満載だ。 たとえば衝突被害軽減ブレーキ(緊急自動ブレーキ)などの先進安全機能は、カメラにレーダーを加えることで正確に状況を判断する能力がスゴイ。 ただし、カラーコードはデイズルークスのからに変更• ホンダセンシングより優れているらしいですが、 機械任せにするのは、良くないことなので評価の対象外です。 「ルークス」は、日産自動車と三菱自動車との合弁会社であるNMKVのマネジメントのもと、日産が企画・開発を主導した新世代軽乗用車。

もっと

日産・ルークス

ロードノイズもよく抑えられており、突起のインパクトノイズも少ない。 走行性能 高速道路を走れば、たぶんプロパイロットのすごさが分かると 思います。

もっと

日産・ルークス

スポンサーリンク 新型ルークスの欠点その4:価格が高い 新型ルークスの価格は高めで、強気の価格設定です。 内装の違いで目を引くのは、中央のディスプレイです。 スリーダイヤモンドの姉妹車は「eKスペース」だが、むしろ「『ホンダN-BOX』がガチなライバル」と言った方がわかりやすいかもしれない。

もっと

日産 ルークス|価格・新型情報・グレード諸元

さらには高速走行時に、路面さえタイヤノイズの音の発生が少ない滑らかな舗装であれば車内の音が静か(風切り音が静かなことに感動)で、前席と後席が普通に会話できることにも驚いた。 今はルークスハイウェイスターがエアロパーツを装着してスポーティに仕上げ、姉妹車のeKクロススペースは、SUV風のテイストにしている。 ルークスはN-BOXよりも軽めの操舵力ですが、交差点やコーナーでのロールの量や、ブレーキング時のピッチングといった姿勢変化は少なめになるように足回りが設定されています。 シートアレンジ次第では、車内を写真のようなくつろぎ空間にすることもできる。 広さと走りはトレードオフ? ステアリングホイールを握って走り始めれば、ターボらしいトルクの厚さ、出足の力強さが安心感につながる。 660 ハイウェイスター 4WD• 660 ハイウェイスター アーバンセレクション• ハンドルの動きもかなり滑らかになったことを実感でき、日常的に使いたくなる仕上がりだ。

もっと