暗黒 の 啓蒙 書。 ひとはなぜ暗黒に啓蒙されたがるのか?(暗黒の啓蒙人)

暗黒啓蒙

* * * 「声などどこにもない、ただ自由な出口だけがある。 暗い時代の思想 では、本題の『暗黒の啓蒙書』に移ります。 単純化されたポピュリスト運動は、過ぎゆくものの一部なのであって、ベツレヘムにゆっくりと向かい誕生するものではない。 ここで、この根本的な退化とは、諸々の私的な悪徳、怨恨、欠陥を、集団的犯罪性や包括的で社会的な腐敗に到るまで体系的に強化して悪化させることを指す。 民主主義を棄て去り、資本主義を極限まで推し進め、 この世界から〈イグジット〉するのでなければ、真の自由は獲得できないーー。 * * * 「声などどこにもない、ただ自由な出口だけがある。

もっと

「暗黒の啓蒙書」既刊・関連作品一覧|講談社BOOK倶楽部

(弊社は違う、と言う人もいるかもしれない。 「暗黒啓蒙(Dark Enlightenment)」なるプロジェクトを通して、「新反動主義」に理論的フレームを提供し、のちの「思弁的転回」や「加速主義」、「オルタナ右翼」に思想的インスピレーションを与えた。 …そしてまさに、それに歩み寄り、それが悪であると告発することは、少額請求裁判所でシュブ=ニグラス(Shub-Niggurath)を告訴することに殆ど等しいように思われる。 その横枝とは、ルソー主義的ライシズム、ベンサムの功利主義、ユダヤ教改革派、コントの実証主義、ドイツ観念論、マルクスの科学的社会主義、サルトルの実存主義、ハイデガーのポストモダニズム、等々、等々、等々…私の見解では、〈普遍主義〉は権力の神秘的崇拝として最もよく記述される。 積極的に与党を批判するような演説ではありませんが、そういった姿勢こそが、今回の選挙戦を象徴しているように思われます。

もっと

『暗黒の啓蒙書』

尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。 自殺しなかった民主主義は未だ嘗てなかった。 * * * [目次] 序文 『暗黒の啓蒙書』への「入口」 木澤佐登志 Part 1 新反動主義者は出口(イグジット)へと向かう Part 2 歴史の描く弧は長い、だがそれはかならず、ゾンビ・アポカリプスへと向かっていく Part 3 Part 4 ふたたび破滅へと向かっていく白色人種 Part 4a 人種にかんする恐怖をめぐるいくつかの副次的脱線 Part 4b 厄介な者たちの発言 Part 4c 〈クラッカー・ファクトリー〉 Part 4d 奇妙な結婚 Part 4e 暗号に横断された歴史 Part 4f 生物工学的な地平へのアプローチ 訳者解説 なにから離脱するべきか 五井健太郎 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 民主主義と平等主義の欺瞞を暴け。 一部の新反動主義の未来派は、国家を打ち負かすために技術の使用に焦点を当てている。

もっと

暗黒の啓蒙書 / ランド,ニック【著】〈Land,Nick〉/五井 健太郎【訳】

これは、ヤーヴィンがホワイトハウスのであると関係があるという、大々的に報道されているが裏付けのない噂への皮肉な言及である。 2019年1月14日閲覧。 チェンジの為には、まず議論ありきでは。 資本主義を加速せよ。 管理人は国を我が物としないが、その任にある限り、彼は彼と彼が庇護する者達の都合のためにその国を使用することを許されている。 民主主義を棄て去り、資本主義を極限まで推し進め、 この世界から〈イグジット〉するのでなければ、真の自由は獲得できないーー。 ピーター・ティールとは、外部のやから解放されたを構築する1つの方法として(日: シーステディング・インスティチュート )を支持してきた。

もっと