永山 本家 酒造 場。 永山本家酒造場

株式会社永山本家酒造場 永山貴博

歴史に残る最古の日本酒は、日本書記、スサノオノミコトがヤマタノオロチを退治するために用いた八塩折之酒 です。

もっと

株式会社永山本家酒造場|山口県酒造組合/山口県酒造協同組合

江戸中期には低温殺菌法も行き渡り、一番おいしく造れる時期にまとめて仕込んだ酒を保存しておくようになりました。 当時の酒作りは95%が醸造後アルコールを添加する方法で、純米酒の醸造量は全体の5%程度。 特に出汁の利いたおでんや生ガキなどとも相性が良いです。 以来、様々な祭りごとで日本酒は神道と結びついてきました。 8度 コメント 蔵元自ら栽培する山田錦を使って仕込んだこだわりの1本です。 当時は麹の活動を止める術がなく、四季ごとに酒を造ったと伝えられています。 そんな時、醸造研究所時代お世話になった静岡の「喜久醉」蔵元の青島さんが蔵元ブースにいらっしゃいました。

もっと

永山本家酒造場の歴史 2
貴のはじまり

その時出会った方が広島の酒商山田さんです。 幼い頃から人々が日本酒から離れていく様を見聞きし、次第に家業と距離を置く中、酒造りと交わる事のない職に就くため2年間の海外留学をしました。 ぜひ一度、お越しください。 吟醸酒ですがあくまで米味にこだわり、透明感のある米味が特徴です。 「良い酒を作れば認めてくれマーケットがある」その事にわたしは心が躍りました。 現在「純米酒」が国内のみならず外国にも進出しています。

もっと

宇部の造り酒蔵 永山本家酒造場

歴史の中で味も評価も固定された永山の酒造りをどう変革してくのか?その可能性を見いだせたような気がしたからです。 宇部市車地138• 土・日・祝日• 神道は本来人心を安んじ五穀豊穣を祈願するためで、春の祈年際、そして米と酒を神前に供える新嘗祭が中でも大切な行事です。 貴の特徴とも言える優しい米の味と体にスッと入っていくやさしい消え方がとくちょうです。 帰国後、蔵の惨憺たる状況を知り、海外で得た知識を使い資金の工面などに奔走しました。

もっと

永山本家酒造場

特別純米 貴 価格 2,500円(1. 日本酒が日本人の生活から少しづつ離れていき、神事の中の日本酒の役割も形骸化されつつあります。 華やかなホテルでの試飲会の場合どうしてもカプロン酸エチル型に代表されるような「美人型」のお酒を蔵元は提供しがちですが、呑めるお酒というのはこういう事なのだと目からうろこが落ちました。 山口県酒造組合では、山口県の蔵元や杜氏、オリジナル酵母「やまぐち・桜酵母」、日本酒まめ知識、お酒のイベントなどを紹介しています。 このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。

もっと

宇部の造り酒蔵 永山本家酒造場

会費は1万円とそれほど安くは無いのですが、各蔵元が出品酒クラスの大吟醸を持ってきており、十分納得できる内容でした。 (要予約)ご予約があれば、土日祝日でも見学できます。 1973年の出荷量をピークに日本酒の消費は右下がりを続けています。

もっと

株式会社永山本家酒造場|山口県酒造組合/山口県酒造協同組合

わたしたち永山本家酒造場が、2019年酒米を作るための農業法人を立ち上げた理由の1つは、その土地の稲作の豊穣を神社で祈願し、直会として神に供したお神酒を土地の人とともに供す日本酒本来の儀式に立ち返るためでもありました。 8度 コメント 貴のスタンダードモデル。 。 0836-62-0088• 宇部の造り酒蔵 永山本家酒造場 130周年を迎える老舗の酒造場 「貴」では「呑む程に癒やされる米の味のする酒(癒やしと米味)」をコンセプトに酒造りを行っています。 静岡型のきれいなイソアミルタイプのお酒を私は知らず知らずの間に求めていたのでしょう。

もっと

株式会社永山本家酒造場|山口県酒造組合/山口県酒造協同組合

毎年11月23日の新嘗祭を新酒解禁の日と定め、もう一度この二俣瀬に住む方々に日本酒を自然に生活の中に感じていただき、深く日本の文化に触れていただきたいという思いがあるからです。 世界に通用する醸造酒「SAKE」として普遍の価値を纏えるよう酒蔵の土壌や風土を尊重しつつ、常に現状に満足せず進化を続け、世界に発信していきたいと考えています。 「喜久醉」を呑んだ時、思わず「うまい!まだ呑める!!」って叫びました。

もっと

株式会社永山本家酒造場 永山貴博

そんな中でわたしはこの蔵の現状に対してできる事がないものかを考えるようになりました。 酒蔵の様子 商品の紹介 特別純米男山 価格 2,400円(1. 気がつけば広島の醸造研究所で杜氏になる勉強をしていました。 思い出の醸造物という表現に対しての回答として正しいかどうかは分かりませんが、現在の「貴」の酒質設計に多大な影響を与えたお酒の事を書きたいと思います。 まだ私が酒造業界の駆け出しの「貴」というブランドも立ち上げていない頃、先輩から情報を聞きつけ、都内の有名地酒専門店さんの大試飲会に一般参加した事がありました。 そして、私たちが現在飲んでいる日本酒の基本的な造り方や飲まれ方が確立していきました。 しかし、どの蔵元も勝負酒を勧めて来るため、「カプロン酸エチル」の高いお酒、華やかな香りの生酒などを試飲(呑んでましたけど)していくうち、私は飲み疲れていました。

もっと