ヨーロッパ ロック ダウン。 新型コロナ「ロックダウン」(都市封鎖)が起こるとどうなる?ドイツ首都ベルリンの現状から

ヨーロッパ各地が二度目の完全ロックダウンに戻る中、英政府発表の内容に見る「確実に進行しているディストピアの中で生きなければならないこれからの人類」

ひるがえって日本では、新型コロナウイルスの日当たりの新規感染者数はヨーロッパ諸国に比べてかなり抑制されている。 ボリス・ジョンソン首相は22日の議会で「危険な転換点に達した。

もっと

イギリス「再ロックダウン」の大きすぎる影響 11月5日から約1カ月間、前回とは何が違うのか

やはりすべてを止めてしまうと経済活動に影響が出てくることもあるからでしょう。 すぐになど変わらない。 それに伴い3月10日ごろには学校を閉鎖した方がいいのでは? という世論も多く聞かれるようになってきました。 政権にとって、諸刃のつるぎであり、後者の危険が気になれば気になる程、大胆な施策を思い切ってとりにくくなるのでしょう。

もっと

ヨーロッパ各地が二度目の完全ロックダウンに戻る中、英政府発表の内容に見る「確実に進行しているディストピアの中で生きなければならないこれからの人類」

いくつかの州では娯楽・文化施設を完全に閉鎖した。 英政府はこれまで、感染の広が…. 今年は伝統的なイースターの過ごし方をあきらめ、同居人以外と集まることを、国民に強く求める。 政策的にみれば、(営業規制をゆるめるといった魅力的な提案を提示することで)国民の気をひきつけ、しかし、やわらかい言い方とは裏腹に、しっかり条件をつけて締め付ける、というやり方は、たくみな政治的常套手段として有名な「アメとムチ」といえるかもしれません。 欧州各国は3~5月ごろに、新型コロナウイルス感染拡大を封じ込めるため、厳しいロックダウン(都市封鎖)を実施した。 私が住んでいるのはWG(ウェーゲー)と呼ばれる日本で言うところのシェアハウススタイルであるものの、このエリア(旧東ドイツの中心地)の相場にしては破格と呼べるもので、即決した。 (イ)旅行制限 不要不急の私的旅行や訪問(親族訪問を含む)の自粛を要請する。

もっと

欧州、クリスマス前に第2波 英、伊などでロックダウン [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

大学は今学期中は閉鎖。 犬の散歩もOK。

もっと

【世界の動きまとめ】 欧州で新型コロナ第2波。スペイン、フランス一部地域で行動制限 イギリス新規感染者5万人と警告

マスクの着用義務、夜間の外出禁止、バーの閉鎖などの対策を打ち出してきましたが、それでも1日で5万人近くの感染者数が出るなど、爆発的に感染数が増え、政府は2度目のロックダウンを実施。 ヨーロッパ諸国では厳格なロックダウンにより感染者数が一時期減少し、6月には新規感染者数が激減したが、英国、フランス、スペインなどではそれ以降、右肩上がりで増加を続けている。 欧米で再び新型コロナウイルスの感染爆発が起きるなか、イタリアのコンテ首相は4日夜、ロックダウン(都市封鎖)を再度実施すると発表した。 その最たる例は、冷戦下の西ドイツと東ドイツを隔てたベルリンの壁だろう。 バーやレストラン、ジム、社会生活の維持に必要不可欠ではない店舗は 5日から閉鎖される。 一方、教育格差を広げる恐れがあるとして、学校は大学をのぞいて閉鎖しない。 この新しいルールについて、英国 BBC が、罰金規定なども示しながら記事で説明していますので、それをご紹介したいと思います。

もっと