埼玉 県 時短 要請。 埼玉県、大宮・川口などで時短営業要請へ 協力金も調整(朝日新聞)

酒類提供飲食店 埼玉県は時短要請へ 千葉県は提供自粛求める

別の居酒屋から出てきた、さいたま市見沼区の男性会社員(40)は「意外とまだ開いている店もあって驚いた。 大野元裕知事はこれまで、営業時間の短縮要請よりも高齢者施設のクラスター(感染者集団)対策などに優先的に取り組む考えを示していたが、県関係者によると、東京都が28日から飲食店への営業時間の短縮を要請し始めたことを重視。 特定技能外国人のマッチング支援についてもご紹介しています。 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、埼玉県がさいたま市大宮区、川口市、越谷市にある酒類を提供する飲食店などに要請した営業時間の短縮が4日、始まった。 「寒いから鍋でもつつこうと思ったのに。 要請に応じずに午後10時以降も営業し、客を呼び込む店もあった。

もっと

埼玉県 一部地域の飲食店などへの営業時間短縮要請決定 4日~

11月の死者は382人で、5月(441人)、4月(391人)に次いで多かった。 複数の県関係者が30日、明らかにした。 3地域では過去に繁華街でクラスター(感染者集団)が発生している。

もっと

企業の皆さまへ

医療提供体制を維持するには感染者増加を今抑える必要がある」と呼び掛けた。 職場で新型コロナウイルス感染症に感染した場合について 従業員が新型コロナウイルス感染症に感染した場合の流れについてはをご覧ください。 午後10時に閉店するよう求め、応じた場合には22万円の協力金を支払う方向で調整している。

もっと

酒提供自粛、時短営業を要請 地域限定で実施―千葉、埼玉両県:時事ドットコム

埼玉県は、過去にクラスター(感染者集団)が発生するなどした繁華街のあるさいたま市大宮区、川口市、越谷市の酒類を提供する飲食店とカラオケ店を対象に、営業時間を午後10時までに短縮するよう求める方針。 期間は今月4日から17日までの14日間で、すべての期間で要請に応じた店には協力金として1店舗当たり28万円を支給する方針だということです。 要請を受け入れた店舗を運営する事業者(大企業を除く)に対しては、1店舗あたり28万円の協力金を支給する。 また、沖縄県では在沖米軍関係で県が1日に発表した新規感染者としては過去最多となる72人の感染が確認された。 むしろ早い時間に密集するのが怖い」と、県の要請への疑問を口にした。

もっと

酒類提供飲食店 埼玉県は時短要請へ 千葉県は提供自粛求める

首都圏一体として取り組む必要性から、県としても要請に踏み切る方針を固めた。 今日は帰るけれど、明日以降は誘惑に負けてしまうかもしれない」と、苦笑いしながら駅に向かった。 伊奈町の男子大学生(21)は「普段から遅くまで飲まないので、時短営業でも何も変わらない。 また、東京都との往来をできるだけ控えるよう訴える。 要請に応じた店には1日あたり2万円の協力金を支払う予定。 酒類を提供する飲食店やカラオケ店で、12月4日から17日までの14日間。

もっと