A70 スープラ。 トヨタ、A70型とA80型「スープラ」復刻パーツのオーダー受付開始

「ちょっと懐かしのカタログ ~A70スープラ~」ダブルウィッシュボーンのブログ | a page of beloved family and Accord Wagon

2000GTは、50数年前に発売されたモデルゆえ、当時の設計担当はトヨタに在籍していない。

もっと

初代スープラA70のエンジンスペックや燃費は?内装画像も紹介!

エンジンは直6 3L に変更され、新開発の電子制御サブシステム「ETCS」が初搭載された(このETCSは後に改良型のへ技術転用されている)。 主な違いはタービンやインタークーラーが専用となったことで、7M-GTEターボをノーマル240馬力から270馬力まで引き上げ、戦闘力を上げました。 またサスペンションなどは参戦当初においてのパーツを流用したものに変更された。 ただし、純粋な国産車に限定した場合ではに発売されたが令和最初の新型車となる。 当時の図面があっても、現在発売している量産モデルと同じようには造れないため、通常は試作部品を製造しているラインを活用し、製造工程や設備、素材を考慮して設計したパーツもあるのだとか。 ルーフのみならず、ライトまわり、リヤエンドパネル、トランク内部にもサビがはびこり、穴をあけている。

もっと

【ニッポンの名車】バブル真っ只なかを駆け抜けたトヨタA70型スープラ

リトラクタブルヘッドライトは開閉可能。

もっと

貴重なリトラクタブル+スポーツカーのA70型スープラ、その魅力と性能を振り返ります!

これ以外にもボディ補強などの小変更が行われた。 発売当時のキャッチコピーは「TOYOTA 3000GT」で、リトラクタブル・ヘッドライトを受け継いだほか、シャシーには2000GTと同じく、4輪ダブルウィッシュボーンサスペンションが採用された。 またトヨタは低燃費車を多くラインナップに持つお陰で(メーカー別平均燃費)規制を余裕でクリアしているため、販売台数がトヨタ全体のそれから見たら「雀の涙」というGRスープラでは燃費目標には言及されていない。 廃盤部品に供給部品を組み合わせたものと、供給部品をそのまま活用するケースがある。

もっと

発売30年の節目に作業開始!“初代”A70スープラをレストアする【第5話:初期型だからサビやすい!?】

全長は2シーター化によって先代(A80型)から140mm短縮され、それに伴いホイールベースも80mm短縮された。 このため製造事業者はBMW(Bayerische Motoren Werke AG)名義で、トヨタは輸入販売元として位置付けられている。 スープラが再びツーリングカーレースに戻ってくるのは、A80型へとモデルチェンジした後、1994年から開催された「全日本GT選手権」まで待たねばなりませんでした。

もっと

貴重なリトラクタブル+スポーツカーのA70型スープラ、その魅力と性能を振り返ります!

これからも大切に乗っていただき、後生に残して欲しい一台です。

もっと

【ニッポンの名車】バブル真っ只なかを駆け抜けたトヨタA70型スープラ

1Gはこのあと1JZ型に切り替わっていったと思いますが、私はこのあたりからトヨタファン(というかA60系ファン)じゃなくなってしまいました。 1986年に登場したスープラ。 生産終了から50年を機に、トヨタ2000GTオーナーズクラブJAPANをはじめとしたオーナー様、 メンテナンスを担ってこられた方々、部品製造を担うサプライヤー様の協力を得て、 50年以上前の図面情報から、ヘリテージパーツとして復刻する事が出来ました。 そのため、以前は出場実績の無かったグループAレースで、スカイラインGTS-Rやスタリオン、フォード シエラRSと戦い、グループAホモロゲーションモデルの3. 2020年6月9日時点. 閉まらなくなりました(汗)。 多分みんなサビてしまったのだろう。

もっと

「500台限定のスープラ」レースのためのホモロゲモデルとして生まれ、国産最強パワーを誇った3.0GTターボA

1980年代半ばから1990年代初頭にかけて人気を集めたツーリングカーレースのカテゴリー、「グループA」。 わずか42日の突貫作業で開発された斎藤のスープラは、心臓部にA80系の2JZ-GTEを搭載し、800psを発生する。

もっと