飛鳥 2 火災。 大型客船「飛鳥Ⅱ」から黒煙 横浜に停泊中:朝日新聞デジタル

「飛鳥II」の火災 クルーズ業界に打撃

船には至るところにペンキで塗装が施されており、一度燃えだすとペンキを伝って燃え広がっていく• 本当であれば、この時期は営業しているそうですが、今年はコロナウイルスの影響で船は休航していました。 追記 その後、火はおよそ3時間後に消し止められました。 金子氏は「クルーズ船は消火栓や消火器が至る所に付いていて、内装も燃えにくい素材を使用するなど、安全・防火対策は絶えず行っているはず。 大打撃を受けたクルーズ業界は、閉鎖空間での危険なイメージの払拭に奔走していたが、そんな中、あまりにバッドタイミングで起きた火災。 コロナに引き続き、今回の火事まで起きてしまい、散々な状態の豪華客船を嘆く声がたくさんあがっていました。

もっと

飛鳥Ⅱの火災原因と出火場所は?被害状況と現場の画像についても

日本でもトップクラスの船会社、日本郵船の船ですのでその辺りは徹底していると思います。 火事が発生した場合は、低い姿勢を取り、口を覆って、煙を吸わないように逃げることを心がけましょう。 メンテナンス時に可燃性のものを並行して使用していた可能性があるのではと報じられています。 情報元:読売新聞オンライン2020. Sponsored Links 被害状況や現場の画像は? 現在のところ、 ケガ人は確認されていないとの報道です。

もっと

飛鳥Ⅱ(横浜港大さん橋)で火事!火災の動画画像や原因は?みなとみらい停泊中

153人の乗員にけが人はいない。

もっと

大型客船「飛鳥Ⅱ」から黒煙 横浜に停泊中:朝日新聞デジタル

デッキには「海が心をつなぐ がんばろう!日本」の横断幕が掲げられ、来月15日からの運航再開に臨む矢先だった。 このダイヤモンド・プリンセス号、長崎の三菱造船所で建造されたのですが、建造当時、溶接工事の不始末かか火災が起こり、船の大部分を焼いてしまいました。 新型コロナウイルスの影響で運航休止となってしまった上に今回の火災まで起きてしまい、散々な事態となってしまいました。 そこで、船乗りとして幾つかの船舶火災の現場に出くわした経験を元に今回の火事を検証してみたいと思います。 今、再びクルーズ船から出火とは、何か象徴的なものを感じますね。 横浜港に停泊していたクルーズ船「飛鳥II」で16日、火災が発生し一時騒然となった。

もっと